>

アンテナを支える道具を準備しよう

マストと呼ばれる棒を準備

アンテナを支える棒は、マストと言います。
マストがないと、アンテナを設置できないので必ず購入してください。
長さや太さが異なるマストが販売されています。
せっかく購入しても、長さが足りなかったら目的の場所にアンテナを設置できません。
前もって、どこにアンテナを設置すれば上手く電波を受信できるのか考えてください。

また、太いマストを使った方が安定感があります。
大きなアンテナを設置する時は、細いマストだとすぐに折れてしまうかもしれません。
太いマストは細いマストに比べて価格が高いですが、安定感を得るためなので出費は仕方がないと思ってください。
どのマストが良いか迷った場合は、長くて太いマストを選択すれば失敗しません。

金具を取り付けておこう

金具はなくても、一応アンテナは安定します。
しかし、それだけでは強風が吹いた時に倒れるなどの危険性があります。
ジョイント金具と呼ばれる金具を取り付けることで、さらに安定感を増すことができます。
仮に強風が吹くなどの衝撃が起こっても、ジョイント金具をしっかり付けておけば壊れる心配はありません。

壊れて何度もアンテナを取り付け直すことよりも、最初からジョイント金具取り付けていた時の方が安い価格で済みます。
ネジとマストだけでアンテナを取り付ける方法もありますが、それは強度が低いというデメリットが生まれます。
手間を削減するためにも、ジョイント金具を使うことをおすすめします。
あとから楽になるので、面倒に感じないでください。


この記事をシェアする